アフターピルの副作用

アフターピルの副作用で嘔吐したらどうなる?

投稿日:2017年5月20日 更新日:

アフターピルの吸収前なら
カップルで円滑な関係を築いて長く良い状態で交際し続けたいと思う2人は、やはり性交渉でも、しっかりと避妊を考えています。これは2人がしっかりと将来のことを考えていることもあるでしょうし、彼の協力も必要になってきます。

しかし、中には男性側の一方的な思いやわがままで女性だけが負担を背負わなければならないとしたら、決して良好な関係を続けていくことはできません。性交渉は、肉体的にも精神的にもお互いの結び付きを深くしてくれるものですが、それはあくまで協力の下に協力し合った避妊が前提です。

アフターピルの利用

しかし、色々な事情から、男性の協力を得られなかったり、緊急避難的に避妊薬として、アフターピルがあります。これは普段、女性の人が服用する必要がある低容量ピルと異なり、毎日飲むこと無く避妊効果を得られます。
そのために、性行為の後に飲むことで避妊できる利点があります。また、コンドームが破けてしまった時でも、緊急避難的に使える避妊薬です。

アフターピルを吐いてしまうことに注意

アフターピルを吐きだした時要注意

しかしアフターピルには、心配な面があります。それは副作用です。薬を飲んだ後に、激しい腹痛や嘔吐があるからです。このような嘔吐で辛い思いするのですが、もっと辛いことは本当に避妊できるのかという心配です。

嘔吐によって胃の中で完全に吸収される前に、アフターピルを吐き出している可能性があるのです。せっかく飲んだ避妊薬なのに、このような心配があるのです。アフターピルの効果が発揮できないことになってきます。

服用してどの程度の時間で効果があるのか?

アフターピルを飲んでから、約2時間程度でほほ完全に吸収されて効果が発揮されてくると考えられています。したがって、服用後2時間以内に吐いてしまったのであれば、再度服用する必要があります。しかし再び嘔吐する可能性もあり得るので、吐き気止の薬を飲んでからアフターピル飲むことが理想的です。

この薬の副作用の中で、一番多いのが嘔吐なのですか、服用後4〜6時間後に吐いてしまったのであれば、すでにアフターピルは、吸収されているはずですから問題はないと思われます。とは言うものの、言い換えれば服用してから、かなり激しく辛い吐き気に見舞われてしまう女性の方が少なくありません。
できるだけ、この時間内は我慢できることに越したことはないですが、どうしても吐いてしまった場合に再服用を考えなれければなりません。

再服用には適切な量を

アフターピルは適切な量を飲むようにする

しかし、アフターピルの再服用で量を増やすことは、とても危険で、身体に更なる負担を強いてしまうことも出てきます。もし2度目の服用も嘔吐してしまった場合、その後の対処を自己判断で行うことは止めましょう。

したがって、病院の医師の指示を求めることが必要です。できれば、前以ってアフターピルを処方してもらう時に吐き気止めを一緒に処方してもらう、通販で購入する場合は市販の吐き気止めを用意しておくことをオススメします。

アフターピルが起こす吐き気

しかし、アフターピルは、どうして吐き気をしてしまうのでしょうか?この吐き気は、一種のつわりのようなものです。
アフターピルを服用した後は体内の女性ホルモンが急激に増えていきます。しかし、身体がこの状態について耐え切れず、拒絶反応を引き起こしてしまうのです。

アフターピルを服用して、胃の中で吸収されていくのですが、2時間以内で少しずつ吸収され、血中濃度が高まってきます。それで気分が悪くなっていくことが多いのです。アフターピルの中には、2回服用しなければならない物もあるのです。もし、1度目の服用時に2時間以内で吐き出してしまい、再服用をするならば、服用量が増えてしまうことになります。

1度目の服用で酷い副作用があらわれた場合、3回目の服用も考えなれけばならず、とても身体が耐え切れないことも予想されます。このようなことから嘔吐した場合、事前アドバイスをもらっていたとしても吐き出した時点で病院で診察を受けて、再度指示を受けることが無難です。

改良されつつアフターピル

アフターピルは改良されつつある
このようにアフターピル服用後の嘔吐によって、どのようにアフターフォローすべきか、きちんと理解しておくことが必要です。従来のアフターピルは副作用の発生率が高かったのですが、最近ではかなり改良が進んでいて副作用の発症率の軽減もされています。しかし個人差があるために、絶対に嘔吐しないとは言えません。

そのためにも、通常の避妊で失敗した時にアフターピルを飲む場合には病院の医師の指示をしっかりも守りながら、服用することです。女性ホルモンのバランスからの急激に崩れてしまうことで、吐き気や腹痛などの症状が副作用として起こる場合があります。

それは強制的に生理を起こすことで避妊効果が得られるので、身体に負担をかけてしまうことを理解しましょう。できることならば、普段から低用量ピルを服用していたり、コンドームを使うなどの避妊法を実行すべきなのです。アフターピルは、あくまで緊急避難的に使うべきであるという考えを持つことをオススメします。

アフターピル通販で人気の商品ベスト3

アイピル

緊急避妊薬アイピル

緊急避妊薬のアイピルとはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのPiramal Healthcare社が開発したアフターピルです。

避妊に失敗した場合、アイピルは性行為後の24時間以内であれば95%の確率で避妊できると臨床実験の結果が出ています。

1錠服用するだけで効果が得られるので、飲み忘れが無く安心です。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

緊急避妊薬(アフターピル)のマドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、タイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が製造・販売を行っています。

タイでは非常に有名な製薬会社のジェネリック医薬品であり、品質・安全性も高いものです。

マドンナは2錠で1シートの薬で、性交渉後72時間以内(できれば12時間以内が望ましい)に1錠服用します。その12時間後に残りの1錠を服用します。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72はノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのマンカインドファーマ(Mankind Pharma)社が開発したアフターピルです。

ED治療薬、抗生物質などの治療薬の製造を行っており、、品質・安全性も高いものになります。

有効成分 レボノルゲストレル1.5mg

-アフターピルの副作用

Copyright© アフターピル通販.com , 2017 AllRights Reserved.