アフターピルの副作用

生活習慣で気になることがアフターピル服用で悪化する可能性もある

投稿日:2017年6月26日 更新日:

血液検査の結果
アフターピルは避妊に失敗した際の妊娠を避けるために作られていて、服用すると受精卵の着床を防ぐ効果があることから、避妊の最終手段といえます。
性交渉というものは、妊娠を目的とした行為だけではなく、男女関係のコミュニケーションをとるためにも大切な行為ですから、必ずしもすべての人が妊娠を望むわけではありません。

望まない妊娠を防ぐためにも有効なアフターピルですが、高濃度の女性ホルモンが含まれているため、服用することでさまざまな副作用が現れる場合があります。
また、生活習慣によっては血栓症などの症状を悪化させてしまうおそれがありますから、服用する際には十分注意が必要となります。

血栓ができやすくなるアフターピルと生活習慣との関係

アイピルを代表とするアフターピルには、多くの女性ホルモンが含まれています。そのため、服用することで体内のホルモンバランスが大きく崩れてしまい、嘔吐や吐き気などの副作用が現れるケースが少なくありません。
中でも、ピルを服用することで血栓症のリスクを増大させてしまいますから、服用の際には十分注意が必要となります。

ピルに含まれているエストロゲンの量が多いほど血栓症を引き起こしやすく、エストロゲンの含有量が少ないほど血栓症の発生率は低下するということが知られています。
そのため、血栓性静脈炎や脳血管障害、冠動脈疾患、血栓性要因のある女性などはピルの服用が禁忌となります。

そのほかにも肥満や加齢、脂質代謝異常、肝障害、術後の人などは易血栓形成傾向によってリスクが上昇し、病気を悪化させてしまいますから、生活習慣を見直すことも重要だといえます。

喫煙などの生活習慣も注意が必要

喫煙とアフターピルは症状の悪化につながる可能性がある
アイピルもアフターピルの1つなので、使用する場合には、喫煙には注意が必要となります。
これは喫煙者がアイピルを服用することで、心臓や循環器系に負担をかけ、病気を悪化させることになり、重篤な症状を引き起こすケースもあるため、喫煙などの生活習慣も注意が必要となります。

たばこにはニコチンが含まれていますが、ニコチンには血管を収縮させる作用があり、血管が細くなることで血栓症になるリスクが高くなってしまいます。
そのため、アイピルなどのアフターピルを服用する場合には、禁煙することが推奨されます。

関連記事:アフターピルを飲んではいけないのはこんな人

女性特有の病気やがんなどの病気を悪化させてしまう危険性もある

アイピルの副作用にはさまざまなものがありますが、子宮頸がんや乳がんなど女性特有の病気やがんの発症率をあげてしまうといわれています。実際にピルを服用している人は、飲んでいない人と比較すると、子宮頸がんや乳がんになるリスクが高まり、子宮頸がんに関しては1.3~2.1倍、乳がんに関しては1.24倍になるというデータがあります。

どうして女性特有のがんのリスクが高くなるのかというと、ピルに含まれているエストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンが関係しています。この2つの女性ホルモンが乳腺の細胞を刺激してしまい、発がんしやすい細胞を増加させると考えられています。

エストロゲンは、発がん作用のある物質に変わってしまう可能性があるため、乳がんに深く関係してしまいます。また、ピルを服用することで子宮頸がんの発がんの原因となるヒトパピローマウィルスの活動を促進させてしまうとされているため、子宮頸がんのリスクも高くなると考えられます。

病気を悪化させるということから、身体への負担の大きさがみえてくる

アフターピルで体調に変化は出やすい
緊急時に使用するアイピルは、服用することで多量の女性ホルモンを一度に体内に取り込むことになるため、身体への負担は大変大きくなります。
そのため、低用量ピルとは違いアイピルなどのアフターピルの常用や連続服用は、重篤な副作用が起こる危険性もあることから、禁止されています。

ピルは、正しく服用すれば高い確率で避妊することができますが、すべての女性が飲める薬ではないということを事前に知っておく必要があります。エストロゲンが関係する子宮頸がんや乳がんの疑いがある人は、服用は禁止されていますし、子宮筋腫もエストロゲンが関係していますから、服用することで悪化させてしまう危険性があります。

また、血栓症がある人もピルの服用によって血液がかたまりやすくなってしまうため、症状を悪化させてしまう可能性がありますから、服用は禁止されています。
そのほかにも、35歳以上で1日に15本以上たばこを吸う人も、血栓症のリスクを高めてしまいますから、アイピルを服用する際には禁煙がすすめられています。

このように、生活習慣が病気の症状を悪化させる危険性もありますから、アフターピルを服用する際には、正しい知識をもっておくことが大切となります。

女性のホルモンバランスは、少しのストレスなどで崩れやすく、ただでさえ精神的な安定性を崩しがちです。そういったところへ、アイピルを服用すると、ホルモンバランスが崩れてしまい、副作用が強く現れてしまうことにもつながってしまいますから、生活習慣を見直すということも大切です。

喫煙や肥満、脂質異常代謝というのは、生活習慣が大きく関係していますから、日頃から食事の内容を見直してみたり、適度な運動を行って生活習慣を見直すことで、病気の悪化を防ぐことにもつながります。
病気の悪化を防ぐためにも、生活習慣を見直し、アフターピルは緊急時にのみ服用することを守ることが大切です。

関連記事:アフターピルの副作用とリスク

アフターピル通販で人気の商品ベスト3

アイピル

緊急避妊薬アイピル

緊急避妊薬のアイピルとはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのPiramal Healthcare社が開発したアフターピルです。

避妊に失敗した場合、アイピルは性行為後の24時間以内であれば95%の確率で避妊できると臨床実験の結果が出ています。

1錠服用するだけで効果が得られるので、飲み忘れが無く安心です。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

緊急避妊薬(アフターピル)のマドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、タイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が製造・販売を行っています。

タイでは非常に有名な製薬会社のジェネリック医薬品であり、品質・安全性も高いものです。

マドンナは2錠で1シートの薬で、性交渉後72時間以内(できれば12時間以内が望ましい)に1錠服用します。その12時間後に残りの1錠を服用します。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72はノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのマンカインドファーマ(Mankind Pharma)社が開発したアフターピルです。

ED治療薬、抗生物質などの治療薬の製造を行っており、、品質・安全性も高いものになります。

有効成分 レボノルゲストレル1.5mg

-アフターピルの副作用

Copyright© アフターピル通販.com , 2017 AllRights Reserved.