アフターピルの口コミ・体験談

アフターピルの口コミ・体験談6

投稿日:2017年8月16日 更新日:

一夜の過ちをしてしまい、アフターピルを知った

30代後半
女性

主婦である私はあるとき、夫以外の男性と大人の関係になってしまいました。これは私も悪いのですが、マズイとは思いつつも、避妊具を着けずに行為をしてしまいました。

ついつい雰囲気に流されて最後は中に。行為のあとになって「とんでもないことをしてしまった」と激しく後悔してしまいました。
夫以外の男性と軽はずみに関係を持つべきではなかった。最悪関係を持ったとしても、避妊はするべきだった。「後悔、先に立たず」とはこのことです。

私は夫のいる身。夫以外の男性の子供を妊娠するわけにはいきません。まして、夫にこのことを絶対に知られるわけにもいきません。どうしようかと、藁にもすがる気持ちでネット検索したところ、アフターピルというものがあることを知りました。産婦人科に行って処方してもらう、とのことだったので、急いで近所の産婦人科に行きました。

「何を聞かれるのだろう」
「不貞行為のことを根掘り葉堀り聞かれるのだろうか」
「夫に連絡が行ったらどうしよう」
なんて考えつつ、とても緊張しながら産婦人科に行きました。

しかし実際行ってみると、特にプライベートなことは聞かれず、簡単な問診だけで、それが終わると、付属の薬局にてモーニングアフターピルというものを処方してもらいました。

ちなみに、保険適用外ということで診察料と薬代を含めて6000円強の費用がかかりましたモーニングアフターピルは、性行為後、12時間以内だとかなり高確率で避妊ができるとのことです。私が行為後、病院に行って処方してもらうまで、時間にして約10時間でした。

ギリギリですが12時間以内です。なんとか間に合ったと、ホッと胸を撫で下ろしつつ、処方してもらってすぐに服用しました。ネットでの情報によると、モーニングアフターピルを服用すると、激しい吐き気や嘔吐、頭痛などの副作用が起こる人もいるようです。

不安でしたが、私の場合は、特に体調面の変化はなかったです。そして翌月、月経が普段よりはやや遅れましたが、キチンと来たことで本当に安心しました。私の場合は、自分の責任でもあったわけですが、世の女性は自分の責任ではない部分で、望まない妊娠の危険にさらされる可能性はあるわけです。

行為中に避妊具が破れた、あるいは性暴力の被害にあってしまったり。そんなときは、すぐに産婦人科に行くことです。モーニングアフターピルは時間との勝負です。悩んでいる時間はありません。私も今回のことに懲りて、夫以外の男性と関係を持つのはやめようと改めて心に誓いました。

安全日でも不安でアフターピルを利用した学生時代の私

20代後半
女性

コンドームをしっかり着用していましたが途中で外れてしまい、それに気づかずに最後まで行為を行ってしまいました。安全日だったので相手は大丈夫だと言い、インターネットの避妊に関するサイトなどでも妊娠の可能性が低いことを繰り返し確認しましたがどうしても不安を軽減させることはできませんでした。

当時私は大学生で未成年だったということもあり子供ができても育てられる状況ではありませんでした。細心の注意を払って行為を行っていたはずなのにどうしてこうなってしまったんだろうとか、もしも子供ができてしまったらこれからどうしようなどマイナスなことしか考えられない状態でした。

そんな中で安心するための証拠をインターネットで調べていた際に72時間以内なら効果があるというアフターピルの存在を知りました。行為から丸1日経過していたのでどうしようもないと思っていましたが時間が経っても効くという点もアフターピルを飲む決意をしたひとつです。

悩んだ挙句、自分の安心のためにアフターピルを利用することを決意しました。アフターピルは医師の処方がないと内服できないものなので、はじめは病院でどんな質問をされるのか、どんな目で見られるのか不安に思っていました。

そもそも妊娠経験のない私には産婦人科という場所そのものが未知の世界でした。実際に病院へ行き医師の説明通りにアフターピルを内服すると無事に生理がきました。お薬をたった数錠飲むだけで、不安でご飯も食べられないほど考え込んでいたことが嘘だったかのようでした。

病院でも簡単な記入式の問診、医師の簡単な診察、薬の服用方法(特殊な内服時間で服用する必要があるため)で終了でした。恐れていた内診、追求するような質問は一切ありませんでした。診察の時間自体も2〜3分ですぐに終わってしまい、こんなもんなのかと拍子抜けしたことを覚えています。

内服すると強い眠気や吐き気の副作用が出ることがあると説明を受けていましたが、とくに自覚する副作用もありませんでした。費用は保険の適用外のため1回の処方で8000円程度とやや高額でしたが、もしものことを考えたらとても安い買い物でした。

悩むよりとにかく行動。ちょっと勇気を出して病院を受診することで結果的にも妊娠することなく、不安もすぐに取り除かれたためもっと早くに服用すればよかったなと思いました。
アフターピルは一般的なピルよりも認知度が低く友人などに相談しても提案してくれることが少ないと思います。避妊の失敗から内服する時間が短いほど避妊効果が大きくなるので、迷ったら。

アフターピル通販で人気の商品ベスト3

アイピル

緊急避妊薬アイピル

緊急避妊薬のアイピルとはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのPiramal Healthcare社が開発したアフターピルです。

避妊に失敗した場合、アイピルは性行為後の24時間以内であれば95%の確率で避妊できると臨床実験の結果が出ています。

1錠服用するだけで効果が得られるので、飲み忘れが無く安心です。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

緊急避妊薬(アフターピル)のマドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、タイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が製造・販売を行っています。

タイでは非常に有名な製薬会社のジェネリック医薬品であり、品質・安全性も高いものです。

マドンナは2錠で1シートの薬で、性交渉後72時間以内(できれば12時間以内が望ましい)に1錠服用します。その12時間後に残りの1錠を服用します。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72はノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのマンカインドファーマ(Mankind Pharma)社が開発したアフターピルです。

ED治療薬、抗生物質などの治療薬の製造を行っており、、品質・安全性も高いものになります。

有効成分 レボノルゲストレル1.5mg

-アフターピルの口コミ・体験談

Copyright© アフターピル通販.com , 2017 AllRights Reserved.