アフターピルの効果・効能

低用量ピルとアフターピルの避妊効果は一緒じゃないの?

投稿日:2017年5月2日 更新日:

若い男女が付き合うと、プロセスとして性行為にたどり着くことがあります。その際に、きちんと避妊行為を怠らなければ楽しいナイトライフを楽しむことが出来るのです。具体的には、男性がコンド-ムをきちんと装着することで、無意味な妊娠を避けることが出来ますし、非常に手間いらずです。しかし、1割近くは失敗する可能性もあります。

より確実な避妊をするには、女性自らが避妊薬を飲む方法もあります。それは、低用量ピルやアフターピルと呼ばれる避妊薬の服用方法を守ることで、最大限に働きかけてくれます。低用量ピルとアフターピルはどちらも避妊効果を持っています。それは、どちらも同じような働きをしているということでしょうか。

低用量ピルってなに

低用量ピルを学ぶ
女性が同じように望まれない妊娠を避けるためには、低用量ピルやアフターピル等を使用する必要があります。ただ男性の避妊方法に比べて、女性の方の避妊方法は身体に負担がかかります。特に低用量ピルは薬を決められた頻度で、決められた量を摂取しないと効果が期待できないので、避妊効果をきちんと得ようとするならば、女性にそれなりの努力が求められます。

低用量ピルの場合、問題の性行為のずいぶん前からの規則正しい薬の服用が必要で、アフターピルの場合はSEXのすぐあとに服用することで避妊効果を得られる薬なので、それほど身体に変化を起こすということです。その結果、女性への体への負荷を強いることが避けられないことになります。このように個人差はありますが、アフターピルの副作用は大きいです。

低用量ピルの避妊効果

避妊のための方法として非常に効果的な手法です。決められたとおりに服用することでコンド-ムよりも高い避妊効率があるといわれています。日本に低用量ピルが持ち込まれた始めの頃は「ピルの副作用が心配」という人もいましたが、現在の低用量ピルは昔と違い効果は変わらず副作用はとても低く改良されています。あるとしても、きわめて軽度の物に変わっています。

個人差の範疇(はんちゅう)で語られることがOKなレベルに落ち着いてきています。ピルは、1日1錠、毎日同じ時間(24時間おき)に飲みます。毎日低用量ピルを同じ時間に飲む理由は、血液中のホルモン量を一定に保つためで、その「量が一定であること」が、避妊効果を得る最大のポイントなのです。
そして毎日3週間服用、7日間休薬を繰り返し体の中に一つのリズムを作り出すのです。「低用量ピルを飲むと太る」「ガンになる確率が高くなる」など、ピルに対して間違った効果の認識をしている人も多いですが、現在出回っている低用量ピルは、そういうことは有りません。

男性が軽い気持ちで、女性の体内で果ててしまったとしても、妊娠を確実に防いでくれるのです。ただ、きちんと効果を得ようとすると、性行為のずいぶん前から、用意して服用を始めることが必要になります。ただ、しっかりとした考えをもった女性の場合、低用量ピルは高い避妊効果が期待できるのです。

アフターピルを服用する方法とは

アフターピルを水で飲む
妊娠を避ける方法としてはアフターピルも同様ですが、アフターピルは低用量ピルより女性ホルモンが3~4倍ほど強く、強制的に生理を起こしすという、少し強引な方法で妊娠を防ぐ仕組みになっています。

だからこそ、アフターピルは女性の体に負担をかける副作用が発生することが多いです。具体的に嘔吐、胃のむかむか、頭痛が挙げられます。毎回、妊娠したかもしれないという時にアフターピルに頼るということは女性の体に確実に負担をかけるということになります。男性は、そういうことあまり認識していないことが多いです。

低用量ピルとアフターピルの違いを知る

低用量ピルもアフターピルも服用方法を守ることで、避妊効果は得られます。しかし、大きく違うのは低用量ピルは生理開始時からの服用が必要で排卵抑制効果もあるので、より高い避妊効果を得られます。そして、アフターピルはSEXの後に飲む避妊薬で、排卵抑制に間に合えばその効果も発揮され、そのうえ強制的に生理を引き起こすので低用量ピルに比べて身体への負担は大きくなってしまいます。

レイプ等で使わざるを得ない場合は別ですが、アフターピルを使わなければならない状況というのは、当たり前の約束事になってはいけないことであります。日常的にあってはならないと考えるべきでしょう。もし、そういうカップルがいたら、女性は相手の男性と妊娠することについて一度きちんと話し合うことが大切になるかと思われます。男女の体のつくりからしても、女性の負担が大きいので女性は真摯に妊娠ということを考えていますし、男性の方は一般的にはそれほどではないことが多いです。

そういう立ち位置の微妙な違いの中で、男性のうっかりが原因で、女性の体内で射精してしまった時は、安易にアフターピルという構図は理不尽な構造であります。基本的には、きちんと計画的に低用量ビルを服用して確実な効果を期待するというのが好ましい形であります。

アフターピル通販で人気の商品ベスト3

アイピル

緊急避妊薬アイピル

緊急避妊薬のアイピルとはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのPiramal Healthcare社が開発したアフターピルです。

避妊に失敗した場合、アイピルは性行為後の24時間以内であれば95%の確率で避妊できると臨床実験の結果が出ています。

1錠服用するだけで効果が得られるので、飲み忘れが無く安心です。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

緊急避妊薬(アフターピル)のマドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、タイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が製造・販売を行っています。

タイでは非常に有名な製薬会社のジェネリック医薬品であり、品質・安全性も高いものです。

マドンナは2錠で1シートの薬で、性交渉後72時間以内(できれば12時間以内が望ましい)に1錠服用します。その12時間後に残りの1錠を服用します。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72はノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのマンカインドファーマ(Mankind Pharma)社が開発したアフターピルです。

ED治療薬、抗生物質などの治療薬の製造を行っており、、品質・安全性も高いものになります。

有効成分 レボノルゲストレル1.5mg

-アフターピルの効果・効能

Copyright© アフターピル通販.com , 2017 AllRights Reserved.