アフターピルの効果・効能

中絶ができると勘違いされやすいアフターピル

投稿日:2017年5月27日 更新日:

避妊の効果を得る事ができるアフターピル。しかし、中には避妊と中絶の違いも判らずアフターピルを服用する事で中絶ができると思っている人も少なくありません。それは、大きな間違いです。
もともと避妊と中絶自体に大きな違いがあり、もちろんそれらに必要な薬の内容も大きく異なっています。その事を知らないまま、安易な考えでアフターピルでの中絶を試みようとする人たち。望まない妊娠の可能性がある場合、中絶ではなく、是非アフターピルによる避妊を選んでほしいと思います。

中絶と避妊の違い

中絶と避妊の違いって
基本的に中絶と避妊には大きな違いがあります。まず中絶とは簡単に言えば妊娠後、何らかの事情で出産を望まない場合、医師の指示の下行うこと。反対に避妊とは、望まない妊娠をしない為に行う事となります。この両者には、大きな違いがあります。
避妊自体、体に与える影響はほぼないといえ様々な方法で避妊を行う事が可能になっています。代表的な方法といえば、コンドームの使用やアフターピルの使用となります。これら両者は基本的には、体に負担をかけることなく行う事ができる避妊方法になっています。

一方妊娠後、行う事になる中絶に対しては、体への負担は計り知れないほど大きなものになります。医師の下、手術と言った形で行う中絶。日帰りでも可能となっていますが、体への負担に加え心への影響も大きいと言えるのです。また妊娠第12週以降の胎児を中絶した場合、死亡届の提出も必要となります。それほど大きな事に値するということを理解しておきましょう。

避妊効果のあるアフターピルとは?

望まない妊娠をしない為には、避妊する事が重要です。そんな避妊に大きな効果を得る事ができるのがアフターピル。産婦人科などの医療機関での処方の他、ネット通販を利用する事で個人で購入する事も可能な薬になっています。ただし、日本国内では処方箋が必要な薬となっている為、ドラックストアなどで購入する事はできません。

そんな、アフターピルは服用するまでの時間が非常に大切な薬になっています。避妊効果を期待する事ができるのは、基本的に72時間以内の服用。出来れば24時間以内に服用する事で、ほぼ100%に近い避妊効果を得る事が可能な薬になっています。避妊とは、着床する事を防ぐと言う事。その為、中絶とは違い体に大きな負担をかけると言う事は一切ありません。

薬による中絶は可能か?

日本では無認可な薬での中絶
中絶と聞くと手術のみの方法しかないと思う人もいるかも知れませんが、薬による中絶も可能となっています。その為、避妊効果のあるアフターピルと勘違いしてしまう人も出てしまうのかも知れません。ただし日本国内において、薬による中絶は認可されていない為、国内の産婦人科などに相談したとしても処方してもらう事は出来ません。そのため中絶を薬で希望する場合、個人輸入と言う形で海外から薬を取り寄せる必要があります。

しかしここで注意が必要なのは中絶薬の場合、アフターピルとは違い重い副作用が心配されると言う事。中には、多量出血を起こしてしまい手術しなければいけないと言う事態も起こると言われています。

体への負担が多い中絶よりも確実で安心な避妊を!

中絶は薬による方法でも手術による方法でも、非常に体への負担が大きいものと言えます。短時間で行う事ができる中絶手術でも、やはり、体への負担や心への負担は想像以上大きなものとなっています。また場合によっては、今後の妊娠に大きく関わってくる事も十分に考えられる中絶。今後の生活において妊娠を望む場合、中絶したことで二度と妊娠できない体に陥ってしまう事も十分に考えられるのです。
そんな中絶とは違い、妊娠する前に妊娠を予防する事ができるアフターピル。着床を防ぐ効果がある薬と言う事で、妊娠してから服用する中絶薬とは大きな違いがあります。

また何度使用しても、基本的には体に負担をかけると言う事はありません。ましてや、中絶のように何度も使用したからと言って、今後の妊娠に影響を与えると言う事も非常に少ないと言えます。それほど、安心して利用する事ができる薬だと言えるのです。そのような事から、中には常にバックに入れていると言う人もいるほど利用している人が多い薬になっています。

中絶との違いを知って、避妊をしっかりすることが大切

避妊で安心を手に入れる
以上が中絶と避妊の違い。そして、それらにかかわる薬の違いとなっています。一見、薬で出産を防ぐことができると言う事で同じようなものと勘違いしてしまいがちですが、同じ出産を行わない為のものでも、妊娠自体を防ぐ薬と妊娠した赤ちゃんを中絶すると言う事には大きな違いがあります。

その事を知れば、自然とどちらを選択すれば良いのかわかってくるかと思います。自分の体の為にも、是非望まない妊娠を回避するためにはアフターピルを服用し、事前に妊娠する事を予防する事をお勧めします。そうする事で体への負担、心への負担も随分軽減させる事ができるかと思います。

アフターピル通販で人気の商品ベスト3

アイピル

緊急避妊薬アイピル

緊急避妊薬のアイピルとはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのPiramal Healthcare社が開発したアフターピルです。

避妊に失敗した場合、アイピルは性行為後の24時間以内であれば95%の確率で避妊できると臨床実験の結果が出ています。

1錠服用するだけで効果が得られるので、飲み忘れが無く安心です。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

緊急避妊薬(アフターピル)のマドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、タイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が製造・販売を行っています。

タイでは非常に有名な製薬会社のジェネリック医薬品であり、品質・安全性も高いものです。

マドンナは2錠で1シートの薬で、性交渉後72時間以内(できれば12時間以内が望ましい)に1錠服用します。その12時間後に残りの1錠を服用します。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72はノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのマンカインドファーマ(Mankind Pharma)社が開発したアフターピルです。

ED治療薬、抗生物質などの治療薬の製造を行っており、、品質・安全性も高いものになります。

有効成分 レボノルゲストレル1.5mg

-アフターピルの効果・効能

Copyright© アフターピル通販.com , 2017 AllRights Reserved.