アフターピルの効果・効能

女性の助けになってくれるもの、それがアフターピル

投稿日:2017年5月5日 更新日:

アフターピルが女性を救うイメージ
「妊娠」、「出産」それは女性の一生でとても大きくて大事な出来事ですよね。それを軽い気持ちやあってはならない強姦などのせいで、それが早まってしまうのはとても残念です。ましてや、そのまま妊娠が継続されても親になる覚悟が出来ないということが無いように、まず「望んでいない妊娠」を避けるため、避妊はしっかりしておく必要があります。

普段はコンドームなどで避妊しているとは言っても、100%防げるわけではありません。最中にも破けてしまったり穴があいたり、外れてしまったりする可能性もあります。そうなった場合、もう男性に出来ることはありません。
出来ることは女性が自分自身で、アフターピルを飲むことぐらいです。そのアフターピルの仕組みはどうなっているのか学びましょう。

生理が起こるしくみ

私達の生理のサイクルにはエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれるホルモンのバランスが大きく影響しています。このホルモンバランスが正常だからこそ、生理周期とともに体調も整っているといえるでしょう。

女性の身体では排卵に向けてエストロゲンの分泌量が増え、排卵後には徐々に減少していきます。体内ではエストロゲンの減少とそれに反比例してプロゲステロンが増えます。そして、そのプロゲステロンの分泌の停止が合図となって生理が引き起こされます。アフターピルは、このメカニズムを利用しているのです。

アフターピルを飲んで身体に起こることとは

アフターピルで身体に起こること
実はアフターピルに有効成分として含まれているレボノルゲストレルが、体内のプロゲステロンと同じような働きします。本来は、排卵後にプロゲステロンの分泌量が増える仕組みになっていて、排卵後5日~7日程度で着床しやすい子宮内環境が作られます。

しかし、アフターピルを服用したタイミングでは子宮内環境はバラバラで、排卵がまだの場合もあれば、既に排卵が済んでいる場合もあります。

性交後72時間以内に服用するということは、この排卵と精子の活動期間が大きく関係しています。アフターピルを飲むことでホルモンバランスと同時に体内のメカニズムのタイミングをずらすことで、排卵の抑制や受精卵の着床を防ぐ効果が期待できます。

まだ排卵がされていない状況の場合

アフターピルを飲み、プロゲステロンが一気に体内に増えることで既に排卵されているものと勘違いをして、そこで重ねて排卵をしないようにと排卵抑制効果が働きます。しかし、実際は排卵が起きていないのでそれ以上のプロゲステロンの分泌が無いことから、妊娠は無い(=プロゲステロンの分泌停止)と判断されて生理が引き起こされます。

既に排卵が済んでいる場合

通常は1週間ほどかけて、いつ妊娠出来ても良いように子宮内環境を整え始めるのですが、このタイミングでアフターピルを飲むと、プロゲステロンの急激な分泌増加と判断されます。
すると、着床しやすい環境が早急に作られるのです。しかし、その環境が保たれるのも長くはありません。そのため、受精卵が出来ていたとしてもほとんどが到着するころには既に子宮内の環境は着床しにくい状態へと変化しています。そして、着床が出来ずに生理が起こるという仕組みなのです。

体内のメカニズムを乱すことがアフターピルの副作用となる

アフターピルの副作用で不調
こうして、アフターピルによってホルモンバランスが本来の状態と違ってくるので、メカニズムにも変化が起きます。それが身体の不調となってあらわれてしまうことがあります。

また、それも通常の生理の時のようなホルモンバランスの変化ではなく、急激な変化が起きるので余計に症状は強くあらわれてしまいます。その症状として、よく上がるのが生理時にもよくある頭痛や腹痛、イライラ、倦怠感などです。
そのあとに生理のような出血もありますが、それは不正出血の場合もあるので出血量やその症状が続く期間にも注意が必要です。

アフターピルが女性を助けてくれる理由

アフターピルを知っておく必要がある
生理の仕組みを知ることでアフターピルを飲んで、何が身体に起こるのか分かってもらえたのではないでしょうか。
もちろん、これは強制的に生理を引き起こそうと働きかける薬なので、身体への負担は大きいものです。しかし、望んでいない妊娠をしない為にはそれほどの負担があると分かった上で、どうしても必要と思った時だけに利用するようにしましょう。

そして、その避妊の確率を上げるためには性行為後72時間以内と言われているアフターピルをなるべく早く飲んで、排卵~着床準備までの期間に間に合うようにアフターピルの効果を発揮できるようにすることが必要です。その期間には、もちろん個人差があるためアフターピルの服用が遅れれば遅れるほど、妊娠してしまう可能性は高くなります。

そのため、用法・用量を守って性行為後すぐに飲めるようにアフターピルを備えて持っておくことが避妊効果を最大限に発揮できる服用方法でしょう。女性の皆さんはこうした、自分の身を守る方法をしっかり理解しておくことが必要です。こうして、知っておくことでどうにもならなくなる前に対処できるようにしましょう。

アフターピル通販で人気の商品ベスト3

アイピル

緊急避妊薬アイピル

緊急避妊薬のアイピルとはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのPiramal Healthcare社が開発したアフターピルです。

避妊に失敗した場合、アイピルは性行為後の24時間以内であれば95%の確率で避妊できると臨床実験の結果が出ています。

1錠服用するだけで効果が得られるので、飲み忘れが無く安心です。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

緊急避妊薬(アフターピル)のマドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、タイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が製造・販売を行っています。

タイでは非常に有名な製薬会社のジェネリック医薬品であり、品質・安全性も高いものです。

マドンナは2錠で1シートの薬で、性交渉後72時間以内(できれば12時間以内が望ましい)に1錠服用します。その12時間後に残りの1錠を服用します。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72はノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのマンカインドファーマ(Mankind Pharma)社が開発したアフターピルです。

ED治療薬、抗生物質などの治療薬の製造を行っており、、品質・安全性も高いものになります。

有効成分 レボノルゲストレル1.5mg

-アフターピルの効果・効能

Copyright© アフターピル通販.com , 2017 AllRights Reserved.