「アフターピルの副作用」 一覧

アフターピルは女性のお守り
アフターピルは避妊に失敗した時に性交渉から72時間以内に飲めば、高い確率で妊娠を防止できる緊急避妊薬です。長い年月をかけて研究や改良を重ねた結果、現在のアフターピルは安全で高い効果が期待できるものですが、それでも懸念されるのが副作用です。

アフターピルには大量のホルモンが含まれているため、身体に多少の負担がかかって様々な副作用が起こることはよくあるようです。今回は、アフターピルを服用することで起こり得る副作用やその対策をご紹介します。

アフターピルとは

アフターピルの副作用
アフターピルの副作用をご紹介する前に、まずはアフターピルとは何なのかをご説明します。

アフターピルとは、性交渉で避妊が上手くいかなかった場合に、女性が服用する緊急避妊薬のことを指します。女性ホルモンが主な成分であり、服用するとホルモンのバランスが変化して生理(月経)が誘発されます。

関連記事:アフターピル服用後の生理はいつ起こる?

避妊に失敗したと思われる性交渉から72時間以内に服用すると、高い確率で事後避妊ができるのです。医師から処方され、正しく服用した場合にはその確率は90%近くにも及びます。

望まない妊娠をしてしまうと人工中絶という選択肢がありますが、女性の身体に重い負担がかかる手術を受けることになります。アフターピルでは妊娠が成立する前にそれを防止することができるため、女性にとってのお守りと言えるでしょう。

アフターピルの種類

アフターピルには、大きく分けてプラノバール錠とノルレボ錠という2つの種類があります。

プラノバール錠

プラノバール錠は卵胞ホルモンと黄体ホルモンを混合させた中用量ピルです。
卵胞ホルモンには子宮内膜を厚くする作用があり、黄体ホルモンには受精卵が着床しやすくなる働きがあります。

プラノバール錠を飲むと、避妊どころか逆に妊娠しやすい身体になるのでは?と思うでしょう。
不妊症や生理不順の治療にも用いられるプラノバール錠をアフターピルとして使用するのは、この2つのホルモンの働きを利用して身体が妊娠する準備を急激に早めることで、受精卵を着床できなくさせるためなのです。
プラノバール錠は副作用が現れやすい種類で、その発現率は50%程度と言われています。

ノルレボ錠

ノルレボ錠は、日本で2011年に認可されたばかりのアフターピルです。黄体ホルモンのみを使用しており、プラノバール錠に比べて副作用のリスクが少ないことが特徴です。WHO(世界保健機関)では安全性が高い緊急避妊薬として必須医薬品に指定されています。
ノルレボ錠の作用としては、排卵を抑制することと、子宮内膜の増殖を防ぐことが挙げられます。

アフターピルの副作用

アフターピルはホルモンのバランスを急激に変化させるため、低用量ピルなどに比べると身体への負担が重く、次のような副作用が起こり得ます。

吐き気・嘔吐

アフターピルでよく起こり得る副作用のひとつに、吐き気や嘔吐があります。
アフターピルを摂取すると、身体が生理前や妊娠中のような状態に変化し、ホルモンの影響で吐き気を催し、もっと酷い場合は嘔吐する可能性があるのです。

嘔吐はノルレボ錠ではめったに現れないとされ、プラノバール錠ではおよそ15%の人が嘔吐するようです。
アフターピルを飲んで2~3時間後に吐き気を催すことがあります。吐き気が起こっても一晩寝て起きたら解消されたという声も聴く一方で、1日中吐き気が止まらないという方もいるようです。

吐き気の程度には個人差がありますが、日常生活に支障が出るほどの吐き気であれば、何か対策をすることをおすすめします。

病院によっては吐き気止めの薬を処方するところがあるので、医師に相談してみると良いでしょう。吐き気止めは処方しない方針の病院もありますが、どうしても必要な場合は乗り物酔い用の薬で対処することが可能です。吐き気がどんなにひどくても、吐き気止めは必ず用法・用量をしっかり守りましょう。

アフターピルを飲んでから2~3時間以内に嘔吐すると、胃の中で成分が吸収されていない可能性が高いと言えます。その場合は、再度ピルを飲む必要があります。病院に連絡して医師の指示を受けましょう。
なお、吐き気が心配な方は、今すぐアフターピルを飲まないといけない場合を除き、夜寝る前に服用すると吐き気を感じることが少なくなります。

関連記事:アフターピルの副作用で引き起こす嘔吐

頭痛

アフターピルで頭痛が起きる原因として、卵胞ホルモンの働きがあります。
卵胞ホルモンは排卵前に減少し、それに合わせてセロトニンという脳内の物質も減少します。セロトニンは脳の血管を収縮させる働きを持つのですが、それが減少することで血管が拡張されて頭痛につながるのです。

アフターピルには卵胞ホルモンが含まれていますが、同じく成分に含まれている黄体ホルモンとのバランスで排卵前後のような症状に陥り、頭痛が起こりやすくなります
頭痛がひどい場合には市販の頭痛薬を併用しても問題ないとされていますが、念のため医師に相談することをおすすめします。

頭痛薬以外の対処方法として、冷やしたタオルや保冷剤などで頭部を冷やすと良いでしょう。また、目からの刺激により頭痛が悪化することもあります。頭痛が起こっている最中は、スマホやテレビはなるべく控え、電気を暗くしたりアイマスクなどで目を覆うと症状が和らぎます。

めまい

吐き気や頭痛と同様に、めまいもアフターピルの副作用として起こる場合があります。
めまいを起こした際には、とにかく安静にすることが大切です。立っている状態だとめまいで転倒すると大変危険ですので、なるべく横になるようにしましょう。

めまいがひどい時は、運転にも十分気をつけなければなりません。運転は極力控え、運転中でもめまいがしたら途中で止めて休むことも大切です。
安静にしてもめまいが続くようであれば、アフターピルを処方された病院を再度受診するようにしましょう。

下痢

アフターピルを摂取した後、まれに下痢を起こすことがあります。下痢をしたらアフターピルの効果が薄れるのではないかと心配するかもしれませんが、嘔吐と違って特に影響はないと言われています。ただ、服用から3時間以内に水下痢を起こした場合にはピルの吸収不全の可能性もあるので注意が必要です。

アフターピルと下痢止めの併用は特に問題ないと言われていますが、吐き気止めや頭痛薬と同様に医師に確認した上で服用することをおすすめします。

この時に気をつけたいのが、おなかを刺激する飲食物を摂らないということです。コーヒーや辛いもの、脂肪分の多い食べ物は避けましょう。うどんや雑炊など、消化の良いものを口にすると下痢の悪化を防ぐことができます。
また、下痢の間は身体の水分が失われがちであるため、こまめに水分補給をしてください。

倦怠感

倦怠感は、アフターピルによる黄体ホルモンの増加で生じる副作用です。全身が怠いこともあれば、手足などの身体の一部が倦怠感を感じることもあるようです。
ただし、日常的に怠さを感じている方は、アフターピルの副作用とは限りません。

もし服用後に倦怠感を感じた場合は、軽い運動やストレッチをして血行を促しましょう。栄養バランスに気をつけるだけでも、ある程度の倦怠感を解消することができます。ビタミンや鉄分、タンパク質など栄養が豊富な食事を摂るように心がけましょう。

眠気

眠気を無くすためのガム
身体が生理前のような状態になることから、眠気もよく起こりえます。
日中にどうしても眠い場合は、日光に当たったり仮眠をとると良いでしょう。眠気がひどい場合は、めまい同様に車の運転は避けるべきです。

血栓症

血栓症はプラノバール錠の重い副作用として知られています。血管の中で血がかたまり、血管が詰まる病気です。
アフターピルを服用してもめったに起きない血栓症ですが、ピルを服用していない人に比べ、服用している人では血栓症になる確率が1.5~3倍に上がると言われています。喫煙習慣があったり肥満である場合、血栓症が発症する確率がさらに上がるため、より注意が必要です。

血栓症になると、下記のような症状が現れます。

・目のかすみ
・腹痛
・脚の痛み
・頭痛
・息苦しさ

これらの症状が出た際には、必ず病院に診察してもらいましょう。場合によっては、血液検査を行うことがあります。
すぐにできる対処方法として、水分をこまめに摂ったり、長時間座らないことが大切です。

関連記事:生活習慣とアフターピルの関係性

アフターピルを服用する前に副作用について知ろう

アフターピルの副作用を学ぶ
アフターピルでの緊急避妊は、薬剤を通してホルモンを大量に摂取するわけですから、身体に何らかの変化があっておかしくありません。アフターピルの服用後になんらかの症状が現れた場合に、副作用についてきちんと把握していれば、慌てることなく正しい対処ができるでしょう。

アフターピルの効果や飲み方を理解すると同時に、どんな副作用が起こり得るか調べた上で服用することをおすすめします。
また、今回ご紹介した副作用以外にも、動悸や乳房の張り、発疹といった様々な副作用が起こり得ます。アフターピルを服用して何かおかしいと感じたら、それに応じた対策を取るか速やかに医師に相談するようにしましょう。

関連記事:アフターピル服用で悪化する症状もある

カテゴリ一覧

生活習慣で気になる検査項目

生活習慣で気になることがアフターピル服用で悪化する可能性もある

アフターピルは避妊に失敗した際の妊娠を避けるために作られていて、服用すると受精卵の着床を防ぐ効果があることから、避妊の最終手段といえます。 性交渉というものは、妊娠を目的とした行為だけではなく、男女関 ...

アフターピルの飲み合わせ注意

アフターピルの飲み合わせに関する注意点

緊急避妊薬として使用されているアフターピルは、避妊の最終手段として用いられていますが、手軽に手に入るだけに飲み合わせには注意をしないと、有効な効果が得られないだけではなく、副作用が強く現れる原因にもな ...

アフターピル服用の辛さを知ってほしい

男性にも知ってほしい、アフターピル服用の大変さ

避妊の失敗の可能性がある際、強い味方となってくれるのがアフターピルです。緊急避妊薬としても有名で錠剤で服用する事ができる薬となっている為、見た目では手軽で簡単に服用する事ができる便利な緊急避妊薬と言っ ...

アフターピルの副作用で嘔吐

アフターピルの副作用で嘔吐したらどうなる?

カップルで円滑な関係を築いて長く良い状態で交際し続けたいと思う2人は、やはり性交渉でも、しっかりと避妊を考えています。これは2人がしっかりと将来のことを考えていることもあるでしょうし、彼の協力も必要に ...

不正出血って何

アフターピルを飲んで起こる不正出血って何

緊急避妊薬や緊急避妊ピルとも呼ばれているアフターピルは、避妊に失敗してしまったセックス後に服用すると、妊娠を阻止することができます。アフターピルには女性ホルモンと似た成分が配合されているため、服用する ...

アフターピルを飲んで生理が起こるのはいつ?

アフターピル服用後の生理はいつ起こるのか

アフターピルは日本ではあまり知られていませんが、望まない妊娠を避けて自分の体を守るために、女性なら絶対に知っておくべき緊急避妊法です。ただ単に避妊に失敗したと言う時だけではなく、あってはならないことで ...

指をさす女性

アフターピルの副作用とリスク

まだ日本ではあまり知られていないアフターピル。インターネット販売もしくは処方箋をもらってからの購入となるので、手間があるアイテムとして使ったことがない方も多いかもしれません。そして、これから使いたいと ...

Copyright© アフターピル通販.com , 2017 AllRights Reserved.