アフターピルの購入・通販

「もしも」の時に備えるために通販でアフターピルを買う!

投稿日:2017年4月3日 更新日:

ネット通販を利用する
このままにしていると妊娠してしまうかもしれない、そんな不安に陥ったとき力になってくれるのがアフターピルです!正しく飲むだけで唯一、性行為の後に避妊の働きをしてくれるものなのです。その避妊の働きというのは、妊娠つまり受精卵を着床させないような状態を作り出します。

また、アフターピルは病院からの処方で購入するしか方法が無いと思っている人も少なくありません。日本では薬局などで市販もされていないのが現状です。
しかし、最近は通販で購入することも出来ます。それは、注文後に海外からアフターピルを発送して個人輸入代行という方法とっています。病院からの処方では、そのとき服用する分だけの処方ですが、この通販を利用することで事前に購入して「もしも」の時に備えることができるのです。

避妊率を下げない為には早めに服用することが必要

アフターピルは一般的に、性行為の後72時間以内の服用をするよう言われています。ただし、それは高い避妊効果が期待できる制限時間の目安です。性行為後から約2日は精子の活動期間があるとされていて、その間に受精します。それから妊娠つまり受精卵が着床するまでは約5日~10日という時間がかかるとされています。

しかし、この期間はあくまでも目安なので個人差があります。それらのことを考慮して、精子の活動が終わり受精卵の移動が始まると言われる約2日を終えた、3日(72時間)以内を目安にアフターピルの服用をすることで避妊効果が得られるとされているのです。
そのため、服用が早ければ早いほど受精すらも出来る前に避妊する為の働きができます。

アフターピルの避妊効果とは

アフターピルが持つ避妊効果
主成分が黄体ホルモンであるプロゲステロンとなっているアフターピルは、服用することで女性の体内に一気に吸収されます。すると、本来は排卵後にエストロゲンの減少と反比例して分泌されるホルモンなので、排卵を終えた状態だと思い妊娠準備の為に子宮内膜を厚くする働きをします。

しかし、実際はプロゲステロンの分泌が増えている訳では無くアフターピルによって体内のホルモン量が増加しているだけなので、そのホルモン量は低下していきます。そして、私達の身体はプロゲステロンの停止によって生理を引き起こされるので、故意に生理を引き起こす働きとなり避妊につながります。

病院では1回分のアフターピルしか処方されない

普段からアフターピルを持っている人は、なかなかいないでしょう。その為、性行為後にコンドームが破れていたり、外れてしまっていたり、そのままの性行為を強制されてしまっていたりして膣内に精子が残っている状態になります。そして「今は妊娠したくない」という気持ちがあることで避妊しなくては、と慌てて産婦人科などの病院に駆け込む人が多いのではないでしょうか。

そこではこうなってしまった経緯などを事細かく医師に説明した後、アフターピルを処方してもらえますが、それはいくつか処方される訳ではなく、その時の服用分だけなのです。

通販では余分に買っておくことができる

余分にアフターピルを買っておく
そしてアフターピルを通販で買おうとすると、1個限りという訳でもないので余分に買っておくことも出来ます。金額も病院処方と比べて1割程度とかなりお得なのですが、3個セットなどでの販売もしていて、そのセットの方が1個当たりの金額はさらに安くなります。

そうして、余分に買っておけば「もしも」の状況になった時、病院に行ったりする時間も必要無いので、すぐにアフターピルを服用することができます。アフターピルは24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の避妊成功率があるとされています。それが、いつも持っている事で行為後12時間以内に服用出来た場合は約99.5%の成功率とも言われていると言います。

ジェネリック医薬品という信頼の厚いアフターピルもある

個人輸入代行通販では、病院処方と同じ物では無いものもあります。同じ薬ではなくともジェネリック医薬品といって、ほぼ同じ成分と効果を得られるので安心です。また、そのジェネリック医薬品であるからこそ、新しい研究や開発を行わずに済むので格安で購入することができます。こうした安さや安全もある上で、事前に準備ができるということが通販の利点です。

病院と通販を上手く使い分ける方法もオススメ

病院か通販か決める別れ道
これらのことから病院からの処方は勧められないと思うかもしれませんが、そうではありません。初めてアフターピルを購入・使用する場合、持病があったり体調面に不安があるとき、副作用が気になる時など自分だけの判断で決めるのではなく、医師からの説明を受けたりすることも大切です。

そうして安心と安全が分かった上で、通販で安く余分に買うといったように使い分けることがおすすめです。病院処方では「もしも」の時の為に多めに持っておくことも出来ないので、通販で余分に買っておいてその時が来たらすぐ飲めるようにできます。そうすることができれば、アフターピルの高い避妊効果をそのままに得られるでしょう。

アフターピル通販で人気の商品ベスト3

アイピル

緊急避妊薬アイピル

緊急避妊薬のアイピルとはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのPiramal Healthcare社が開発したアフターピルです。

避妊に失敗した場合、アイピルは性行為後の24時間以内であれば95%の確率で避妊できると臨床実験の結果が出ています。

1錠服用するだけで効果が得られるので、飲み忘れが無く安心です。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

緊急避妊薬(アフターピル)のマドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、タイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が製造・販売を行っています。

タイでは非常に有名な製薬会社のジェネリック医薬品であり、品質・安全性も高いものです。

マドンナは2錠で1シートの薬で、性交渉後72時間以内(できれば12時間以内が望ましい)に1錠服用します。その12時間後に残りの1錠を服用します。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72はノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのマンカインドファーマ(Mankind Pharma)社が開発したアフターピルです。

ED治療薬、抗生物質などの治療薬の製造を行っており、、品質・安全性も高いものになります。

有効成分 レボノルゲストレル1.5mg

-アフターピルの購入・通販
-,

Copyright© アフターピル通販.com , 2017 AllRights Reserved.