アフターピルの購入・通販

アフターピル購入時の注意点|これはやっちゃダメ!

投稿日:2017年7月6日 更新日:

アフターピルは避妊に失敗した際に望まない妊娠を避けるために飲む緊急避妊薬です。
アフターピルを取り扱っている病院または通販サイトで海外から購入することができます。

すぐに手に入れやすい一方で、購入時に注意しなければいけないことがあります。
知らずしらずのうちに禁止事項を行ってしまっていることもあるかもしれません。

そういうことがないように、アフターピルの購入時に注意するべきこと、やってはいけないことを把握しておきましょう。

アフターピルはどこで買えるの?

アフターピルは日本だと病院で処方してもらうか、通販サイトを通して海外から輸入する必要があります。

海外には薬局やドラッグストアで購入できる国がありますが、日本だと市販では販売されていません

日本国内のすべての病院がアフターピルを取り扱っているわけではなく、一部の婦人科とレディースクリニックのみです。

病院以外ではアフターピルの売買が禁止されているため、個人輸入代行という形で通販サイトを通して海外から発送してもらう方法をとります。

アフターピルの購入時に気をつけなればならないこと

病院で購入する際の注意事項

病院でアフターピルを処方

病院でアフターピルをもらう場合は、自由診療になるため、健康保険が適用されません
薬代はもちろんのこと、診察料なども発生しさらに10割負担であるため、料金は10,000~15,000円ほど見積もっておいた方が良いでしょう。

保険は適用されませんが、本人確認のために保険証の提示を求められることがあるため、一応持っていくことをおすすめします。

病院で購入する際にやってはいけないこと

病院を受診して薬をもらうのは、原則本人のみです。
第3者が代わりに受診して薬をもらうことはできません。

仮に本人だと偽ってアフターピルをもらいに病院に行くと処罰の対象になりますし、本人の健康状態などを医師が把握しないままアフターピルを処方してしまうことで、思わぬトラブルにつながる可能性も十分にあります。

また、アフターピルには飲み合わせの悪い薬が存在し、特定の持病を患っている場合は処方できないこともあります
アフターピルが欲しいばかりに持病などを隠してしまうと、重い副作用を発症する可能性があります。

病院で問診を受ける際には、必ず今の現状をきちんと伝えましょう。

通販サイトで購入する際の注意事項

通販サイトでアフターピルを購入

アフターピルを取り扱っている通販サイトは数多く存在しています。

海外から個人輸入を代行してくれる業者いるのはありがたいのですが、中には詐欺行為をはたらく業者もいることを覚えておきましょう

詐欺に引っ掛かってしまうと、料金を支払ったのに商品を発送してくれなかったり、偽薬を送ってくることがあるのです。

きちんとした業者かどうか判断するには、価格が相場を大きく下回っていないか、特定商取引法の記載があるかチェックするようにしましょう。

これらをクリアしても偽薬を送ってくる業者がいないことも否定できません。
通販サイトの中には保障制度を設けているところがあるので、なるべく保障制度があるサイトで購入することをおすすめします。

病院スタッフを顔を合わせることなくアフターピルを入手できることで非常に便利な通販サイトですが、問診なしに購入することになるため、持病や飲んでいる薬がある場合は慎重になる必要があります

商品ページには飲み合わせの悪い薬や服用してはいけない人について記載されていますが、記載が漏れていることも十分考えられます。
購入前に自分自身でも調べてみると良いでしょう。

通販サイトで購入する際にやってはいけないこと

日本では、薬事法により個人的に取り寄せた薬品を第三者に譲渡・転売することは禁じられています

彼女・友人の代わりにアフターピルを購入したいと考えている方もいるでしょうが、通販サイトであっても代理で購入することは許されないのです。

万が一見つかった場合は、薬事法違反で処罰を受けることになるので、絶対にやめましょう。

医薬品の個人輸入は、厚生労働省により様々な規制が設けられています。
それをうまくすり抜けて販売をしている業者が多いのも事実です。

例えば、1ヶ月以内の分量であれば海外から医薬品を輸入しても良いという決まりがあります。
アフターピルだと1度の輸入で30個まで購入してOKとなりますが、それ以上購入すると法律違反になる可能性があるため、まとめ買いの場合は十分に気をつけましょう

アフターピルを正しく購入しよう!

以上、アフターピル購入時の注意点や禁止事項などをまとめました。

日本では以前に比べて手に入りやすくなったアフターピルですが、女性ホルモンが大量に入っている薬ですので、やはり軽い気持ちで飲むべきものではありません。

病院でも通販サイトでも、気をつけなければならない点はたくさんあります。
より安心してアフターピルを飲むためにも、今回挙げた点は必ず守るようにしましょう。

購入する前に、医師にわからないことを聞いたり、通販サイトの記載をしっかり読むこともおすすめします。

アフターピル通販で人気の商品ベスト3

アイピル

緊急避妊薬アイピル

緊急避妊薬のアイピルとはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのPiramal Healthcare社が開発したアフターピルです。

避妊に失敗した場合、アイピルは性行為後の24時間以内であれば95%の確率で避妊できると臨床実験の結果が出ています。

1錠服用するだけで効果が得られるので、飲み忘れが無く安心です。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

緊急避妊薬(アフターピル)のマドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、タイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が製造・販売を行っています。

タイでは非常に有名な製薬会社のジェネリック医薬品であり、品質・安全性も高いものです。

マドンナは2錠で1シートの薬で、性交渉後72時間以内(できれば12時間以内が望ましい)に1錠服用します。その12時間後に残りの1錠を服用します。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72はノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのマンカインドファーマ(Mankind Pharma)社が開発したアフターピルです。

ED治療薬、抗生物質などの治療薬の製造を行っており、、品質・安全性も高いものになります。

有効成分 レボノルゲストレル1.5mg

-アフターピルの購入・通販
-, , , , ,

Copyright© アフターピル通販.com , 2017 AllRights Reserved.