アフターピルの購入・通販

病院から処方されるアフターピルについて

投稿日:2017年4月11日 更新日:

ピルというと、最近では低用量ピルが一般的となっていますが、この低用量ピルは、毎日決まった時間に服用することで、高い避妊効果を得られる経口避妊薬です。日本では、避妊薬として使うよりも、生理痛や子宮内膜症などの治療薬として処方されることが多いのが実状です。

欧米などでは、ピルを使っての避妊が一般的となっていますが、まだ日本では避妊といえばコンドームが主流となっています。低用量ピルは、性交渉前に服用することで避妊効果を得られるのに対し、アフターピルは、避妊に失敗した性交渉後に服用するという違いがあります。

ピルの分類

アフターピルの分類分け
ピルと一口にいっても、含まれているホルモン量によっていくつかに分類されます。ピルに含まれている黄体ホルモンの種類によって第一世代、第二世代、第三世代があり、この世代とは別にホルモンの配合量によって、一相性、二相性、三相性に分類されます。ピルと聞くと、副作用があると思ってる人も多いかもしれませんが、副作用の多くは卵胞ホルモンに関係していますから、現在主流となっている卵胞ホルモン量の少ない低用量ピルは副作用が少ないといえます。

一方アフターピルは、低用量ピルに比べると卵胞ホルモン量が多いため副作用が強く現れる場合もあります。そもそもアフターピルは避妊に失敗し、妊娠の可能性がある場合に緊急的に妊娠を阻止するために服用するものですから、急激にホルモンバランスを崩して、人工的に生理を引き起こす必要があります。
そのためアフターピルは低用量ピルとは違い、卵胞ホルモン量が多い中・高用量ピルを使用して、ホルモンバランスを急激に変化させていきます。

アフターピルの仕組み

アフターピルは急激にホルモンバランスを変化させることで排卵を抑制し、受精を防いで妊娠を阻止することができます。アフターピルを服用することで、80%程度の確率で妊娠を阻止することができますから安心です。
万が一コンドームに穴があいていたり、レイプされてしまったなどの予想外の出来事が起きた時、妊娠するかもしれないと不安な気持ちを抱いて一人で悩んでいる人もいるかもしれません。

しかし、アフターピルの存在を知っていれば、そんな不安な気持ちも軽減することができます。避妊に失敗した性交渉後、72時間以内に服用することで高い避妊効果を得ることができますから、望まない妊娠を防ぐ方法として知っておくことが大事です。

病院で処方してもらうには

アフターピルについて調べてみる
妊娠は、女性の体に大きな影響を与えることです。子供を望んでいる人にとっては、妊娠はとても待ち望んだ幸せな気持ちをもたらしますが、妊娠を望んでいない女性にとっては肉体的にも精神的にも大きな負担となり、気持ちも落ち込んでしまいます。どうしても出産することができない場合には、中絶手術を受けることになりますが、手術を受けたことで気持ちが落ち込んで鬱になってしまったり、その後の妊娠が望めなくなるなど、心と体に大きな影響を与えることもあります。

こういった悲しい経験をしないためにも、妊娠を望まないのであれば、女性が自分で避妊を行うことが大切です。コンドームを使った避妊は、男性が主体となり、必ずしも100%の避妊効果を得ることはできません。一方、低用量ピルを使った避妊は女性が主体となり、男性に頼ることなく自分で身を守ることができます。正しく服用すれば、ほぼ100%の確率で避妊効果を得ることができます。

低用量ピルは、婦人科を受診すれば処方してもらえる薬です。しかし、クリニックでアフターピルを処方してもらいたいと言っても事前にもらうことは出来ません。性交渉後に妊娠の可能性がある場合のみ、またその時限り服用する分の処方です。その際の費用は、クリニックによっても異なりますが約1万円~2万円とかなり差があります。
そういった時は不安な気持ちでいっぱいだと思いますが、アフターピルはどこの病院でも処方してもらえるわけでは無いので、事前に電話で確認しておく必要があります。

病院以外で入手するには

クリニックで処方してもらうためには初診料や診察料、薬代がかかってしまうため、かなり高額になってしまいます。これは病気ではないため保険が適用されず全額自己負担となるので、こういった金額になってしまいます。
ただ薬局やドラッグストアなどでは販売されていませんから、どうしても安く購入したいという場合には、通販や個人輸入を利用すると良いでしょう。その場合は注文から到着までに日数がかかってしまうことが多くあるので、不安な気持ちのまま待つことの無いように事前に買って持っておくことをオススメします。また、通販や個純輸入を利用するときは処方された薬のジェネリックを購入すれば、避妊効果がほぼ一緒なアフターピルを2,000円前後で購入することが出来ます。

遅くても72時間以内が効果的

高い避妊効果を得るには72時間以内の服用が良い
アフターピルを服用しても、避妊率は100%では無いので避妊に失敗してしまうというケースがあります。ピルは、すでに妊娠している場合には効果はありませんし、アフターピル服用後に避妊結果が分からないまま性交渉をしてしまった場合は、前回服用分のアフターピルの避妊効果は無いので再度の服用が必要になります。その時、その時の避妊をしっかりしなければ妊娠してしまう可能性は高まるでしょう。

ピルの服用は性交渉後できるだけ早く服用することで、より成功率を高めることができます。それは遅くても72時間以内に服用することで、80%近く妊娠を阻止することができると言われているのです。妊娠を望まない人にとっては、不安な気持ちはできるだけ短い方がいいはずですから、常に携帯しておくと安心です。また、副作用や持病、最近の体調などで気になることがある場合には、医師に相談の上アフターピルの使用を検討することをお勧めします。

アフターピル通販で人気の商品ベスト3

アイピル

緊急避妊薬アイピル

緊急避妊薬のアイピルとはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのPiramal Healthcare社が開発したアフターピルです。

避妊に失敗した場合、アイピルは性行為後の24時間以内であれば95%の確率で避妊できると臨床実験の結果が出ています。

1錠服用するだけで効果が得られるので、飲み忘れが無く安心です。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

緊急避妊薬(アフターピル)のマドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、タイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が製造・販売を行っています。

タイでは非常に有名な製薬会社のジェネリック医薬品であり、品質・安全性も高いものです。

マドンナは2錠で1シートの薬で、性交渉後72時間以内(できれば12時間以内が望ましい)に1錠服用します。その12時間後に残りの1錠を服用します。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72はノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのマンカインドファーマ(Mankind Pharma)社が開発したアフターピルです。

ED治療薬、抗生物質などの治療薬の製造を行っており、、品質・安全性も高いものになります。

有効成分 レボノルゲストレル1.5mg

-アフターピルの購入・通販
-,

Copyright© アフターピル通販.com , 2017 AllRights Reserved.