アフターピルとは

アフターピルで失敗してしまうケース

投稿日:

危険日に避妊をせずに性行為をしてしまったり、避妊に失敗した時などの緊急事態に望まない妊娠を避ける為アフターピルは緊急避妊の効果を発揮してくれます。正しい使い方をする事で、とても高い効果を発揮してくれるので女性にとってとても心強い存在です。
望まない妊娠を避ける事が出来る事から女性の体と心を守ってくれるアフターピルですが、時に失敗してしまうというケースもあります。失敗してしまえば女性にとって負担になりますし不安な思いを抱える事になってしまいます。

まだアフターピルを利用した事が無いという女性も失敗してしまうケースも知っておきましょう。失敗の原因を知っておけばアフターピルを利用する時にも事前に失敗しないよう注意する事ができるので慌てる事なく落ち着いて服用する事ができるはずです。

アフターピルは性行為から72時間の服用が鍵

アフターピルの服用時間別避妊率とは
避妊に失敗した性行為後からアフターピルの服用まで72時間以内でなければ、緊急避妊としての効果を発揮しません。病院ではアフターピルの処方の際に注意事項として72時間以内の服用が推奨されています。72時間を過ぎてからの服用では、失敗する確率の方が高くなります。そして性行為後からアフターピルの服用までが早ければ早いほど成功率は高くなるので、失敗する事も少なくなります。

逆に服用の時間遅くなれば遅くなるほど、避妊の効果は低くなってしまいます。最も緊急避妊としての効果が高いのは、性行為後24時間以内の服用で95%の避妊率が可能になります。

失敗する原因には副作用による嘔吐も

アフターピルの服用後は人によって様々な副作用が起こる事もあります。副作用の症状には、頭痛・めまい・倦怠感などがあります。中には吐き気を感じる女性も多くいるようです。この吐き気の副作用の時に、嘔吐してしまえば失敗してしまう場合もあります。アフターピルの服用後から2時間以上経過していれば体内へ薬が吸収されているので、嘔吐しても心配する必要はありません。
ただ服用後から2時間もしないうちに嘔吐してしまった場合にはアフターピルが体内に吸収されていない可能性のまま、薬を体外へ出してしまう事になります。この場合には失敗の確率が高くなってしまいます。なのでこの場合には、嘔吐してしまった分、追加のアフターピルを飲み直す必要があります。

手元に予備のアフターピルが無いという時には、処方してもらった病院などへ連絡をして相談をしましょう。吐き気の副作用は起こりやすい副作用の症状なので、こういった緊急事態に備えて予備の複数回分のアフターピルを常備しておく事をおすすめします。常備しておけば早く対処も出来るので安心です。

アフターピルの購入方法

アフターピルの取り扱いのある病院を知る
アフターピルの購入方法には、婦人科やレディースクリニックなどの処方とインターネットでの通信販売があります。病院で処方してもらう場合には、アフターピルの取り扱いのある病院探しから始めなくてはいけません。病院を見つけてからも必要であれば予約をして病院へ行く時間の確保の為には、仕事を休むなどスケジュールの調整もしなくてはいけません。

病院では問診・診察などを経てからアフターピルを処方してもらう事が出来ます。病院で処方してもらう事が出来ない場合もあります。一つは診察時に既に妊娠していた時、もう一つは服用する本人以外の人が代理で病院へ行った時です。アフターピルの処方は服用する本人に限ります。

ネットでの購入にはメリットが多い

病院での処方に比べて、ネットでの購入では誰かと顔を合わせたり誰かに知られる事無くアフターピルを購入する事が出来ます。自宅に郵送されてくる時に家族に知られてしまわないか心配だという女性もいるかと思います。その心配もなく商品の中身がわからないよう遊佐応されるように配慮されているので安心です。

そして病院でのアフターピルの処方は自由診療となっています。なので病院によって値段は大きく変動します。病院での平均相場は5,000円~20,000円になっています。比べて、ネットでは安く購入する事が出来ます。これなら副作用による嘔吐をした時でも追加で服用するアフターピルも多めに購入しておく事も出来るので失敗してしまう可能性も低くなります。

ネットでの購入の時の注意点

ネットでアフターピルを購入する時の注意点は、到着までに日数がかかる事を考えて、性行為後72時間以内の服用に間に合う様に、早めに注文を済ます事です。購入先の通信販売業者は信頼のできるショップを選ぶようにしましょう。商品の説明・副作用の説明が明記されているかどうかの確認もしてみましょう。信頼できるネットショップを見つけておけば、避妊に失敗してしまった時にも安心ですね。

アフターピルで避妊失敗しない為に必要なこと

避妊失敗をしない為に必要なこと
アフターピルを服用しても失敗してしまえば、不安や心配に襲われてしまう事になり女性の心への負担は大きくなってしまいます。避妊効果が正しく発揮されて初めて、女性の心も体も守る事ができるのです。アフターピルの基本的な知識、そして注意点などを知っておけば緊急事態の時でも慌てる事なくスムーズに対処していく事が出来ます。

アフターピル通販で人気の商品ベスト3

アイピル

緊急避妊薬アイピル

緊急避妊薬のアイピルとはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのPiramal Healthcare社が開発したアフターピルです。

避妊に失敗した場合、アイピルは性行為後の24時間以内であれば95%の確率で避妊できると臨床実験の結果が出ています。

1錠服用するだけで効果が得られるので、飲み忘れが無く安心です。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

緊急避妊薬(アフターピル)のマドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、タイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が製造・販売を行っています。

タイでは非常に有名な製薬会社のジェネリック医薬品であり、品質・安全性も高いものです。

マドンナは2錠で1シートの薬で、性交渉後72時間以内(できれば12時間以内が望ましい)に1錠服用します。その12時間後に残りの1錠を服用します。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72はノルレボ錠のジェネリック医薬品で、インドのマンカインドファーマ(Mankind Pharma)社が開発したアフターピルです。

ED治療薬、抗生物質などの治療薬の製造を行っており、、品質・安全性も高いものになります。

有効成分 レボノルゲストレル1.5mg

-アフターピルとは

Copyright© アフターピル通販.com , 2017 AllRights Reserved.